名入れ 持込 1個から対応 サンプル製作 オリジナル 加工 大阪

加工の種類と違い

レーザーマーキング(金属以外の素材)

光の光線で素材を削り、その凸凹で文字や模様を表現する方法です。
ペーパークラフトなど細部まで綺麗に表現できるのがレーザーの特徴です。
木に施す場合は、削るとより焦がす感じになりますので黒っぽく表現されます。
木の場合、節に当たると黒く焦げます。
※レーザー加工する部分は平らでないと加工ムラがでます。
※加工部分から上に1㎝位の所を機械が通過しますので、加工部分の周りが出っ張ってると加工できません。

焦げた感じになります黒に焦げた感じです色ありアクリルは見えづらいです色が剥げた感じになります表面を削った感じになります

レーザーマーキング(素材が金属系)

アルミ・ステンレス・鉄・真鍮などは素地のままではレーザー光線は反応しません。
アルミでメッキされているものは、メッキをレーザー光線で飛ばして模様を表現する事が可能です。
ステンレスは加工部分に特別な液体を塗り、レーザー光線を当て化学反応を起こしてマーキングします。
その他の素材につきましては現在レーザーでの加工は承っておりません。

黒色ではありません素地がでてきますカラー塗装とばしはハッキリします真っ黒にはなりませんステンレス塗装とばし

カラー印刷(UV硬化インクジェット印刷)

商品に近距離からUV硬化するインクで直接印刷します。
多色印刷対応です。(金・銀は不可)
素材にもよりますが簡単には剥がれません。ただし曲げには弱いので曲げる可能性がある物には
印刷は致しません。接写加工ですので平面のものは大丈夫ですが印刷部分周りが凸になってるものは
できません。

焦げた感じになります黒に焦げた感じです色ありアクリルは見えづらいです色が剥げた感じになります表面を削った感じになります

サンドブラスト加工

砂を素材に当てて傷をつけて文字や模様を表現する方法です。
主に、鉄や石材、ガラスや鏡など・・特別な素材に有効です。
風圧で砂を飛ばし素材に当てるので細かすぎる模様は難しいです。

ガラス玉にエッチングカラスに模様ギフトにブラスト加工後、色入れ錫にブラスト加工

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional